せっかく勝ったのにお金が返ってこない!?過払い金請求で勝訴したのに業者が支払ってくれない場合、どうすればいいでしょうか?

大阪で過払いの増加、改正貸金業法の施行、総量規制の実施、グレーゾーン金利の完全撤廃などにより、貸付金に発生する利息の回収が営業収益の主体である消費者金融にとって冬の時代が訪れています。

すでに、任意交渉の段階で過払い金の全額支払いに応じる貸金業者はほとんど見当たりません。裁判の判決で被告である貸金業者に過払い金の支払い命令が下りたにも関わらず、過払いの返金に応じない場合は、強制執行という手段があります。

 

強制執行とは、判決が出たのに相手が支払いを約束した金額を支払わない場合、国が債務者の財産を強制的に差し押さえて支払いを実行させる制度で、預金などの債権や現金、動産、家や土地などの不動産などを差押えて現金化しなければならないものは競売にかけられます。

大阪で過払いを弁護士に依頼して訴訟に発展した場合、判決が出ても過払いの返金がなされずに強制執行の手続きを取ってもらう場合に、別途費用がかかるかどうかについてあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

 

裁判で被告となる貸金業者側は、大阪で過払いの訴訟を控訴して争う際に、「強制執行停止決定」を原審の裁判所に申立てる場合があります。この決定が下りると仮執行宣言付きの判決をもらっても強制執行できなくなります。

ただし、裁判所が決めた金額を担保として法務局に供託しなければなりません。供託が命じられる金額は、判決で支払いを命じた金額の6割から8割です。控訴審で判決が出たら、供託されたお金に対する差し押さえができるので、原告は確実に過払いの一部を回収することができます。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ