これを準備しないと相談が無意味に!?弁護士事務所での過払い金請求の無料相談で、必要となるものとは?

質問:

無料相談で必要となるものとは何ですか?

 

 

回答:

消費者金融などから借金をしたことがあり、過去の返済で「過払い」となっていることが疑われるケースがあります。

一般的に、消費者金融などの金利の高い借金の返済が5年以上続いている場合、借金を完済している場合に過払いが疑われます。

実際にいくら返済しすぎてしまっているかは、弁護士の無料相談を受けることで確認することができます。

 

通常、無料相談をした後に、貸金業者から引直計算のための取引履歴を取り寄せ、過払いの正確な発生額を求めます。

そのため、弁護士の無料相談では、「どの業者と取引きがあったのか?」「契約をしたのは、いつ頃か?」という情報が必要になります。

これは、過去に取引きをした業者に取引履歴の開示請求をするために、業者名が必要になるからです。

 

そして、業者が全ての取引きの履歴を開示しているかどうかを確認するため、「だいたいの契約時期」なども知っておく必要があります。

この2つの情報は、大阪のどこの法律事務所の法律相談でも必要になります。

そして、取引履歴の開示請求には、本人確認のための公的な書類が必要になります。

運転免許証や健康保険証、パスポート、戸籍謄本など、「確実に本人が請求していると分かる書類」で、外国籍の方なら在留カード(外国人登録証明書)なども利用することができます。

 

もし、過払いの無料相談を受け、引直計算の結果、過払いとならない場合もあります。

しかし、その場合でも、借金の残高を大幅に減らすことができることもあり、相談者に大きなメリットがあるものとなります。

 

消費者金融やクレジットカードなどで借金をしたことがあり、まだ大阪の弁護士の無料相談を受けていない場合は、できるだけ早く受けるようにしてください。

過払いの引直計算は、過去の古い借金についても計算され、返還請求権の時効消滅が問題となります。

 

過払いの時効は10年ですので、権利を失う前に取り戻すようにした方が良いでしょう。

そのための第一のステップが、大阪の弁護士による無料相談を受けることになります。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ