諦めないで大丈夫!過払い金請求で弁護士費用が捻出できない場合の「ある裏技」とは?

過去に消費者金融などの借金の返済をしていた場合や、クレジットカードでキャッシングをしていた方に「過払い」が生じている可能性があります。

 

過払いは、本来、返済する必要のない分まで返済させられたお金なので、貸金業者に対して返還請求をすることができます。

しかし、貸金業者が自ら返金に応じることはなく、弁護士を付けて返還請求するのが一般的です。

 

ここで、弁護士費用が気になる方が多くなることが予想されます。

通常、お金が不足していることが理由で消費者金融などで借金をしますので、「過払い」についても簡単に弁護士費用が用意できる方は少ないと思われます。

大阪の弁護士に依頼するための費用は、「着手金が不要な弁護士に依頼する」、あるいは、「弁護士費用を準備してから依頼する」のいずれかになります。

 

弁護士費用は、着手金と成功報酬、そして、印紙代などの実費に区分することができます。

着手金は、過払いの依頼者の問題に「取り組むための費用」で、取り戻しに成功するかどうかに関係なく発生するものです。

この着手金が高く設定されている法律事務所の場合、依頼のための、まとまったお金が必要になることが分かります。

 

したがって、所持金が不足する場合は、多少、成功報酬が高くても、着手金が不要な大阪の弁護士を探すことで、弁護士費用の問題をクリアすることができます。

次に、アルバイトなどで弁護士費用を用意してから依頼することもできます。

この方法で注意するべきは、借金の残高が多く残っているケースになります。

 

借金の残高が多く、過払いの取り戻しだけでなく、債務整理が必要な場合に注意しなくてはなりません。

 

アルバイトで弁護士費用を用意する分には問題となりませんが、弁護士費用を借金で用意し、それを持参して大阪の法律事務所に行くのは危険です。

過払いの請求とともに、自己破産などをする場合、「返済する気のない借金」が問題となることがあります。

 

したがって、過払いの弁護士費用のための借金は、控えるようにしなくてはなりません。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ