過払い金請求後、業者との契約はどうなる?

消費者金融やクレジット会社に過払いの返還を求めた場合、業者との契約がどうなってしまうのか、という問題があります。

この問題についての不安は、「現在の契約への影響」と「将来の契約についての影響」に分けて考えることができます。

 

まず、現在、消費者金融などに借金をしていて、その業者に対して過払いの返金を求める場合があります。

この場合、借金を完済できる場合、できない場合でも過払いの請求をした業者との契約は、通常は解約となります。

 

そして、一般的には請求を行った大阪の業者から借金をしにくくなることが予想されます。

また、引直計算の結果、過払いとなっておらず、残高が残る場合は、請求する時期を遅らせたり、任意整理で借金の残高を減らすことがあります。

この場合、信用情報機関に債務整理をしたことの事実が記録され、5年~7年程度、借金をすることができなくなります。

 

また、すでに完済している大阪の業者に対して過払いの返金を求める場合、通常は、請求するリスクは生じません。

将来、同一の業者との契約ができにくくなる可能性は否定できませんが、他の業者を利用することで、そのデメリットを回避することができます。

このように、貸金業者に対して返還請求をした場合に問題となるのは、「過払いとなっていない場合」が中心となります。

 

 

現在ある借金、あるいは、過去に完済した借金に過払いが含まれているかどうかは、引直計算をすることで確認することができます。

引直計算をするには、業者から取り寄せた「取引履歴」を取り寄せる必要があり、個人で手続きをしたり計算をすることが難しいこともあります。

そのようなときは、大阪の弁護士に相談し、過払いがいくら発生しているかの推測をしてもらうと良いでしょう。

 

弁護士による無料相談などが利用できますので、それを活用するのが確実で早いと思われます。時効による請求権の消滅、という問題もありますので、早めに相談し、解決するようにしてください。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ