プロミス倒産!私の過払い金請求はどうなる?

 

 

■プロミスがもし倒産したら・・・過払いは消えてなくなるのか!?

 

プロミスが万が一倒産した場合、あなたが本来受け取れるはずだった過払いは、ほとんど返ってこなくなります。

グレーゾーン金利がなんとなく認められていた時代からコツコツと借金を返済していき、借金を完済までしている人は要注意です!

放っておくと場合によっては数百万円の損を被ってしまう恐れも!

 

かつて巨額の過払い金負債を抱えて倒産した武富士。

その武富士で100万円の借金していた私の知人は、過払いを取り損ねて大損をしてしまったそうです。

 

 

■消費者金融倒産で、どのくらい過払いが減額される?~武富士のケース~

 

武富士で借金をしていた知人には、100万円の借金に対して過払いが約28万円ほど発生していたみたいです。

この人は借金を完済しておらず、過払いのみで残債が相殺でき、さらに28万円の返還金がある予定でした。

 

しかし、武富士の事実上の破産が決まってから後日、向こう側の弁護士から会社更生手続きを開始することの報告と、こちら側に分配される債権額が記載された書類が送られてきたようです。

そこに書かれていた債権金額はなんとたった9000円とのこと。

本来28万円返ってくるはずだった過払い金が、結局9000円しか返ってこなかったのです。

 

 

【プロミスが倒産した場合の過払いの減額はどのくらい?】

 

普通に、過払い金請求が成功した場合の返還金を100%とします。

万が一プロミスが倒産すると、3%~5%まで圧縮されると考えられます。

 

本来100万円が返ってくるのに、3万円~5万円しか返ってこなくなるということ。

過払い金請求を躊躇したばかりに、90万円以上損をしてしまうことになります。

 

なぜこんなに少なくなるのかというと、債権者全員にプロミスの資産を分配することになるからです。

プロミスが債権者に支払う負債が総資産を上回っていると、当然債権者の取り分は少なくなってしまいます。

 

倒産する状況というのは、ほとんどのケースで資産よりも負債額が大幅に上回っていることが多いでしょう。

そのため一人に回ってくる債権が、たった数%にまで圧縮されてしまうというわけです。

 

 

■完済済みの人は、お金を取り戻そう!

 

グレーゾーン金利(上限利息が18%を超える)期間、5年以上返済を続けていた場合は、過払いが発生している可能性が高いといわれています。

2010年6月に施行された貸金業法と出資法改正、この期間以前にプロミスなどの消費者金融から借入れをして返済を行っていた人は、早めに専門家に相談をしたほうがいいでしょう。

 

 

 

■このページを見ている方は以下のページも見ています

 

プロミスの借金、過払いが発生する目安とは?

プロミスへの過払い金請求を自分ではやらないほうがいい「ある理由」

プロミスとの過払い交渉!「取引の分断」と「悪意の受益者」とは? 

過払いが返還されるまでどのくらいかかるのか?数日?数か月?

 

 

 

■過払い金請求でプロミスからどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

プロミスの借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急でプロミスの借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ