140万円の壁!過払い金請求における「司法書士」と「請求額」の関係とは?

消費者金融などの借金返済が5年~7年程度続くと、借金の元本がなくなり、過払いの状態になると言われています。

過払いは、利息制限法の上限利率を超える金利で貸し付けることにより生じますが、払い過ぎてしまったお金は、貸金業者に対して返還請求することができます。

 

しかし、貸金業者が自ら返金に応じることはなく、交渉や裁判をしなくてはならないため、大阪の弁護士や司法書士に依頼している方が多くなります。

過払いの弁護士と司法書士の違いは、主に請求額による受任の可否になります。

 

大阪の弁護士には制限がないものの、司法書士は、140万円を超える民事事件の「相談」「交渉」「和解」をすることができません。

また、すべての司法書士が140万円以下の過払いの依頼を受けられるのではなく、法務省の研修・考査を受け、認められた司法書士だけが取り扱うことのできる業務です。

そして、過払いの取り戻しだけでなく、自己破産や民事再生(個人再生)も検討している場合、司法書士ではなく、弁護士に相談・依頼するようにしてください。

 

借金の総額が140万円以下の任意整理なら、認定司法書士でも取り扱いができますが、自己破産や民事再生の場合は、本人を代理して裁判所に出頭することができません。

したがって、依頼した後の負担を考え、最初から弁護士に相談・依頼するようにした方が良いと思います。

 

しかし、140万円以下の過払いなどなら、弁護士だけでなく司法書士も取り扱うことができ、弁護士以上に活躍している司法書士がいるのも事実です。

自分が請求することになる過払いが140万円を超えそうかどうかを確認し、超えそうな場合は「弁護士」を探し、超えなそうな場合は「弁護士・司法書士」から有能なパートナーを探すようにしてください。

 

大阪の弁護士や司法書士のホームページをよく読み、無料相談などを利用することができます。

何件かの法律相談を利用し、比較して検討することができます。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ