まさかこんな結果で大失敗!?過払い金請求で裁判をした場合、どんな「判決」が下されるのか?

消費者金融やクレジット会社に対して、過去の返済で生じた過払いを取り戻す場合、裁判となることが多くなります。

大阪の裁判所に訴状を提出する前に、業者に対して返還請求通知書を提出しますが、素直に返金に応じる業者はほとんどありません。

そのため、訴訟を提起し、裁判所から「判決」を受ける必要があります。

この判決を受けることができると、貸金業者が判決の内容に従わない場合でも、強制執行の申立をすることで、強制的に過払いの返還を実現することができます。

過払いの返還を求められている貸金業者の経営状態は悪く、できるだけ少ない金額しか返還したくない、という事情があります。

 

そのため、訴訟の手続きを取らずに返金に応じることは少なく、最低でも訴訟を提起しないと、和解が成立することは少ないと思われます。

また、判決を受けない場合でも、訴訟を提起することで、任意交渉の時よりも良い和解条件を引き出すこともあり、そのような効果も期待することができます。

 

■判決の種類とは?

そして、第1審の裁判所で出される判決は、「請求認容判決」、「請求棄却判決」、「訴え却下判決」の3種類があります。

過払いの請求認容判決は、原告の請求に法的な理由があることが認められ、過払いの返還請求を認める判決です。

 

また、請求棄却判決は、過払いの返還を求めているのに対し、法的な理由がないとして、請求が認められない判決になります。

そして、書類の不備など、訴訟の要件が欠けている場合の判決に、訴え却下判決があります。

これは、原告の請求に対して、裁判所が審理に立ち入らないことを示した判決ということができます。

大阪で過払いの訴訟を提起する場合、過去の最高裁の判例などがあることで、他の裁判よりも容易に請求が認められやすい傾向にあります。

 

しかし、訴状とともに提出する証拠書類に不備がある場合など、請求が認められなくなるケースがないわけでもありません。

そのため、裁判をすることに不安を感じている場合は、大阪の弁護士に相談・依頼してしまうのも、一つの方法になると言えます。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ