過払い金請求で取り戻す額よりも弁護士費用が高いのでは?そんな「費用倒れ」が起きない弁護士の選び方とは

消費者金融などの借金をしてきた場合、全ての人に「過払い」が生じているかどうか、という問題が生じます。

過払いは、消費者金融など、利息制限法の制限利率を超える金利での返済を継続したときに生じます。

 

そして、法律上、無効となる返済まで支払ってしまったお金のことを言います。

このお金は、返済してしまった後からでも返還を求めることができますが、そのためには、返還請求権が時効消滅していないことが必要になります。

過払いの時効は、10年で権利を失いますので、できるだけ早く、大阪の弁護士に相談することが必要になります。

 

ここで、弁護士費用について心配される方も多く、とくに、過払いの返還されたお金以上に弁護士費用が発生することが心配されています。

たとえば、過払いのお金を30万円取り戻しに成功した場合に、弁護士費用が50万円かかるなら、実質的には、20万円の損失が生じてしまいます。

このようなケースを弁護士費用の「費用倒れ」などといいます。

大阪の弁護士に依頼する心配が、この費用倒れなら、「着手金が不要な弁護士を選択」することで解決します。

 

着手金は、弁護活動による事件の結果にかかわらず発生する費用で、取り戻しに失敗したときにも返金されないお金です。

着手金が「0円」の弁護士に依頼することで、費用倒れの危険性を回避することができます。

大阪の弁護士でも「着手金0円」としているケースは少なく、よほど自信や実績の多い法律事務所に限られています。

 

着手金が不要な弁護士に依頼するメリットは、費用倒れを回避するだけでなく、所持金が不足する方でも依頼できる点もあります。

過払いは取り戻したいが弁護士費用が用意できない、という方の場合、着手金不要の弁護士に依頼すれば、取り戻したお金の一部を弁護士費用に充てることができます。

過払いの問題は、急ぐべき問題と言われていますが、返還請求のための費用で迷っている方もいます。

 

そのようなときは、無料相談で「弁護士費用」の準備の仕方なども聞いてみることができます。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ