知らないとクレジットカードが使えなくなる!?過払い金請求における「最大のリスク」とは?

消費者金融やクレジット会社から過払いを取り戻すと聞くと、少なからず不安を感じてしまう方もいると思います。

消費者金融などの貸金業者から過払いを取り戻す際のリスクについて理解し、その上で返還請求をするようにしなくてはなりません。

 

まず、大阪の消費者金融などに過払いの返還請求をすることのリスクは、「信用情報機関への登録(ブラックリスト)」になります。

信用情報機関に情報が登録されてしまうと、その期間中、新規に借金をすることができなくなったり、クレジットカードの契約をすることが難しくなります。

しかし、信用情報機関に情報が登録されるのは、すべての人が登録されるわけではなく、借金の残高を残している人が対象となります。

たとえば、消費者金融の借金が100万円あり、引直計算の結果、20万円の過払いとなっていることがあります。

 

この場合、本来の借金は0円で、しかも、20万円余計に支払ってしまった(過払い)ことを意味しています。

消費者金融に対しては、借金の返済は終わっていること、払い過ぎた20万円を返還することを求めることになります。

この請求をするにあたり、弁護士に依頼した場合、大阪の弁護士が介入した時点で、「債務整理」の情報が登録されることがあります。

 

しかし、消費者金融が本来の借金の残高を確認した後は、直ちに登録されたデータの削除が行われますので、影響はほとんどありません。

むしろ問題となるのは、引直計算の結果、過払いとなっておらず、本来の意味での債務整理をせざるを得ない場合になります。

引直計算の結果、借金の残高が50万円残るなどの場合は、その50万円について、将来利息のカットや返済方法について交渉されます。

 

このような手続きをした場合、5年程度、信用情報機関に記録が残りますので、その期間中、新規の借金をすることなどが難しくなります。

このような、信用情報機関の記録によるデメリットが生じるケースなのかどうかについて、大阪の過払いの弁護士に確認することが重要になります。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ