過払い金請求で必要な最初のステップ!「取引履歴」の開示請求とは?

消費者金融やクレジットカードによる借金があった人は、「過払い」が発生しているかどうかを確認し、取り戻すお金がある場合は、時効消滅の前に請求することが重要になります。

 

 

過去に払い過ぎてしまった「過払い」を取り戻すには、大阪の弁護士に依頼する方法、自分で返還請求する方法がありますが、どちらの場合でも「取引履歴の開示請求」を最初にします。

 

 

取引履歴は、これまでの消費者金融などとの取引の全ての履歴が掲載されたもので、契約時から最後の返済時までの「借入・返済」についての情報が載っているものです。

取引履歴の開示請求の方法は、貸金業者ごとに決められていますので、ホームページの情報を参考にしたり、直接、電話で問い合わせたりして確認します。

そして、その手順に従い、取引履歴の開示請求をします。

 

 

通常は、2週間~1カ月程度で、郵送またはファックスで取引履歴が送られてきます。

しかし、開示請求をする大阪の貸金業者によっては、なかなか開示に応じなかったり、開示された場合でも不完全な状態での開示であることもあります。

 

過払いの請求のための取引履歴の開示請求があった場合、各種ガイドライン等により、貸金業者は開示の求めに応じる義務があります。

したがって、取引履歴の開示を拒む業者については、監督庁である金融庁、あるいは都道府県に対して行政指導を求めることもあります。

 

 

 

また、開示された取引履歴が不完全な場合、正確な過払いの発生額を計算することができなくなります。

その場合は、古い履歴についても開示するよう求めたり、推定計算によって過払いの算定をすることがあります。過払いの計算で推定計算が必要になると、計算が非常に難しくなります。そのため、古い履歴について開示されない場合などは、大阪の弁護士に依頼して、過払いの発生額を確認してもらうこともできます。

 

また、弁護士に依頼するつもりの場合は、取引履歴の請求までしてもらえますので、自分で開示請求をする必要はありません。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ