思ったより短い!?何年借りる(返済する)と過払い金請求額が発生するのか?

過払いは、法律上、借金の返済が終わっている状態から、さらに返済を継続することで発生します。

そして、消費者金融や信販会社などの返済で過払いとなっていた場合、最後の返済から10年以内なら取り戻すことができます。

 

ここで、「過払いとなっているかどうか?」と関心を持たれる方もいますが、依頼者にとって、過払いとなっているかどうかが重要な意味を持つこともあります。

 

それは、現在も借金の返済を継続している場合で、

(1)過払いが発生し借金がなくなる場合

(2)借金が残る場合

とでは、信用情報機関への影響が大きく異なります。

 

通常、大阪の弁護士や司法書士に依頼して、返還請求をすることになりますが、引直計算後も残高を残す場合は、5年程度の期間、債務整理をした事実が残されることになります。

しかし、引直計算の結果、借金がなくなり返金を受けられる状態になる場合は、登録されることがあっても、すぐに抹消されます。

 

一般的には、ブラックリストなどと言われるもので、登録されている期間は、新規にローンを組んだり、クレジットカードを作ることが難しくなります。

 

そのため、過去に完済をした借金から過払いの請求を行ったり、取引履歴を取り寄せるのは、自分で行うなどの工夫が必要なときもあります。

しかし、このデメリットは、通常、大阪の弁護士も理解していますので、可能な限りデメリットを回避する方法が取られることになります。

 

一般的には、5年~7年程度、借金の返済を続けると「過払い」の状態になると言われています。

しかし、借り方や返済の仕方により発生額に違いが生じることもあります。

とくに、最近、限度枠いっぱいの借入れをした場合など、消滅してしまうこともあるものです。

 

そのため、この問題に詳しい弁護士に相談し、過払いが発生しているのかどうかについて、検討してもらう必要があります。

 

大阪の弁護士への相談は、用意されている無料相談を利用することで、費用をかけずにアドバイスを受けることができます。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ