過払い金請求で計算が苦手でも大丈夫?金利・引き直し計算について

消費者金融やクレジット会社に対して過払いの返還を求める場合、貸金業者から過去の取引履歴を取り寄せ、それを元に金利の引直計算をする必要があります。

この引直計算は、大阪などの弁護士に依頼した場合は、代理人弁護士がすることになり、自分で計算する必要はありません。

しかし、自分で過払いを取り戻す場合は、取引履歴の開示請求と引直計算をしなくてはなりません。

この引直計算は、フリーソフトなどもありますので、非常に難解、というものではありません。

 

 

しかし、レイクなどのように、10年以上前の古い履歴について、「破棄してしまっている」と主張してくることがあり、その場合の推定計算が難解になります

過払いの推定計算は、開示された不完全な取引履歴の「欠如している期間の取引き」を推定する計算になります。

 

 

そして、その計算方法には、いくつかの方法があり、個別の事情により選択する手続きが変わってくるものとなります。

つまり、過払いの計算のための推定計算が妥当でない方法であったり、計算自体に誤りがある場合は、訴訟のときなどに問題となることがあります。

そのようなときは、大阪で引直計算だけを扱う業者に依頼したり、弁護士に依頼してしまうのが良いと思います。

 

 

自分で過払いの返還請求をしている方が失敗をするのは、ほとんどが引直計算の計算ミスが原因となっています。過払いの返還請求のための引直計算は、必ずしも数字に強かったり、数学科の大学を卒業している必要はありません。

しかし、膨大な取引データを元に計算することになりますので、忍耐力・集中力の必要になる作業であると言えます。

 

 

過払いの返還請求の手続きの流れは、「取引履歴の開示請求」、「引直計算」、「任意交渉・訴訟の提起」と進みます。「引直計算が何とかなれば、あとは大丈夫!」と考えている場合でも、その請求額に誤りがあると意味のない請求となります。

少しでも不安を感じたら、大阪の弁護士に相談してみることをお勧めします。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ