たった○年でそんなに過払いが!?消費者金融から100万円借入れ、3万円ずつ返済した場合の過払い金請求額は?

消費者金融などで借金をしている人は、約1300万人、日本人の10人に1人という数に登ると言われています。

これらの方に共通する問題の一つが、過払いの返還請求になります。

 

過払いは、大阪の消費者金融やクレジットカードのキャッシングの金利が、利息制限法に規定される上限利率を超える金利だったことで生じる問題です。

消費者金融などに最後に返済したときから、10年経過していなければ、返還請求により取り戻すことができます。

 

たとえば、消費者金融から100万円借金し、毎月3万円ずつ返済していた場合、どの程度で過払いが発生し、完済したときに、いくらの過払いとなっているのかを確認してみます。

消費者金融の金利を29.2%と仮定すると、借入から3年9カ月後に過払いとなり、完済する5年11カ月後には、91万5306円の過払いが生じています。

 

元本が100万円の利息制限法による上限利率は、年15%ですので、2倍近くの金利が課せられていたことになります。

 

今から数年前の大阪の消費者金融の金利は、出資法の上限利率29.2%近くの約定金利でしたので、このような取引をした場合、90万円以上の返済しすぎている可能性があります。

そして、このような取引を何社もしている場合や、複数回繰り返している場合なら、数百万円も返済しすぎている状態になっている可能性があります。

 

過払いの問題は、2つの意味において、返還請求を急ぐべきと言われています。

1つ目は、「返還請求には、10年の時効があること」、そして、2つ目は、「貸金業者が倒産する可能性があること」です。

 

後になって返済しすぎてしまったお金に気付いたり、業者が倒産してから「返還請求しておけばよかった!」となっても遅すぎる問題です。

 

消費者金融、クレジットカードのキャッシングなど、金利の高い借金をしたことがある人は、取り戻すことができる過払いがあるかどうかを確認する必要があります。

 

大阪の弁護士に相談することで、いくら発生しているかの確認ができますので、早めに行動するようにしてください。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ