絶対見落とさないで!個人事業主の方にとって過払い金請求の大きな問題点は?

過払いの問題が生じるのは、一般個人だけでなく、大阪の個人事業主にも関わるものです。

そのため、過去に消費者金融やクレジットカード、あるいは、商工ローンなどの借金をしたことがある場合、借金が既になくなり、返金を受けられる状態、過払いとなっていないかの確認が必要になります。

 

 

個人事業主が過払いの返還請求をする場合、いくつかの点で周囲する必要があります。

一般的に言われている注意点は、「連帯保証人への影響」、「返金されたお金に課税されるか?」「信用情報機関への影響」の3点になります。

 

 

商工ローンの借金を完済している場合、連帯保証人への影響は問題となりません。

しかし、残高を残した状態で返還請求をする場合、連帯保証人に請求が及ぶ可能性がありますので、その影響について弁護士に確認しておくことが必要です。

 

また、商工ローンに支払ってきた借金の金利分を経費に計上していた場合、返還されたお金に課税されることがあります。

請求後の会計処理についても、大阪の弁護士に確認しておくようにした方が良いでしょう。

 

 

 

最後に、商工ローンの借金が過払いとなっておらず、借金の減額だけ求める債務整理をすることになると、信用情報機関に債務整理の事実が記録される問題が生じます。

事業の継続と信用情報機関への登録の関係について、大阪の弁護士などに相談しておくことが必要になります。

 

個人事業主が過払いの返還請求をする場合に、一般的に注意されるのは、上の3点になります。これらの注意点以外の問題では、「返還請求する業者と取引銀行の関係」について確認をしておくべきです。

 

 

個人事業主の場合、商工ローンだけでなく、銀行や信用金庫などの金融機関との取引も重要になります。そのため、過払いの返還請求をした消費者金融、商工ローンが、メーンバンクの関連企業である可能性も否定できません。

 

したがって、過払いの返還請求をする場合には、請求する貸金業者と自分が取引きを行っている金融機関の関係についても確認しておくべき問題になります

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ