債権譲渡で、過払い金請求の返金を受けられない?

過払いの返還請求が困難となる「債権譲渡」の問題についての紹介になります。貸金業者が「債権譲渡」を行った場合、大阪の債務者は泣き寝入りをせざるを得ないのでしょうか?

 

消費者金融などの違法な金利により発生した過払いは、最後の返済から10年以内であれば、返還請求をすることができます。

 

しかし、10年の時効が経過してしまうと、その後、返還を受けることが難しくなりますので、できるだけ早く請求することが重要になります。

また、貸金業者についても、過払いの返還請求で、経営状態が悪化していますので、法律上の争いが生じたり、倒産してしまうこともあります。

 

貸金業者と法律上の問題が生じるのは、貸金業者によって「債権譲渡」がされた場合などです。つまり、借金の残高の残っている債務者の債権だけを別の業者に譲渡し、過払いを返済する債務は元の業者だけに残しておくという方法です。

 

 

貸金業者は、債権譲渡をすることにより、債務者からは借金を確実に回収し、過払いについては返還することなく、元の業者を倒産させる、という手口になります。

クラヴィスやSBIイコールクレジットなどが、この債権譲渡をしていますが、裁判の判例では、債権だけの譲渡を認める判決も多く出ています。

そのため、大阪の弁護士に依頼した場合でも、必ずしも返還に成功しないケースがあるのも事実です。

 

 

また、実際に過払いが生じているかどうか、という確認なども必要になります。

大阪の消費者金融などから借金をしたことがあり、返還請求を迷っている方は、急いで弁護士などに相談するようにしてください。

過払いの返還請求を急ぐ理由は、「時効の問題」「業者の倒産の問題」「債権譲渡の問題」の3つになります。

 

 

本来、借金の返済が終わっていたのに、さらに返済を求められ、お金を支払ってしまったのが、過払いの問題です。自分のお金を取り戻すには、大阪の貸金業者に対して裁判をしなくてはならないこともあります。

 

 

そして、貸金業者に対して「お金を返せ!」と請求できる時効などの問題もあります。

これらの過払いに関する問題は、すべて「急ぐべき」問題となりますので、弁護士による法律相談などを受けるようにするべきでしょう。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ