特定調停による債務整理には「コレ」が過払い金請求に欠かせない?

借金の返済が困難となったときに債務整理をする方がいますが、その手続きの一つに「特定調停」というものがあります。

特定調停は、裁判所を利用した手続きで、調停委員主導の元に引直計算を行い、借金の減額をする方法になります。

 

 

このときの引直計算の結果によっては、別途、過払いの返還請求を行う必要があるケースがあります。たとえば、引直計算前の借金の残高が300万円、引直計算の結果、過払いが50万円発生している場合が問題となります。

大阪の弁護士に依頼し、別の手続きを選択した場合は、「借金がなくなり、50万円の過払いの返金を受ける」ことができます。

 

 

 

しかし、特定調停をした場合は、「債権債務なし」という調停調書が作成されてしまいます。

これは、債務者と消費者金融などの債権者が、「お互いに請求するものはありません」という内容の調停調書です。

そして、この調停調書は、裁判の判決と同等の効力を有するものとなりますので、後日、消費者金融などに対して過払いの返還請求をするときの障害となってしまうこともあります。

 

 

しかし、特定調停をしたからといって、必ずしも過払いの返還が受けられなくなる、というものではありません。

まずは、大阪の弁護士に相談し、過去に特定調停をしていることを話し、どのように過払いを取り戻すかを検討してもらうようにしてください。

大阪の弁護士に相談するには、ホームページで検索して「無料相談」を行っている法律事務所を探します。

 

 

通常、フリーダイヤルなどに問い合わせをすることで、法律相談に必要となるものなどを指示してくれます。

過去に特定調停をしている方は、この電話のときに、そのことを話し、面談のときには、調停調書を持参するようにしてください

また、相談や依頼をする場合の弁護士は、過払いを専門に扱っている弁護士に相談するのが重要です。離婚や相続を専門に扱う弁護士ではなく、過払いの返還請求が得意な弁護士を探すようにしてください。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ