和解に応じない業者対策!過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット

消費者金融やクレジット会社に対して「過払い」の返還請求をする場合、自分一人でするよりも、大阪の弁護士に依頼する方が良い場合があります。

 

 

ここでは、一般的に弁護士に依頼した場合のメリットとデメリットについて紹介し、過払いの問題を依頼するべきかどうかについて検討したいと思います。

 

 

まず、弁護士に依頼する理由の一つに、「引直計算が困難な場合がある」という問題があります。

これは、個人が取引履歴を取り寄せる場合に、「不完全な取引履歴」が開示されることがあります。その場合、欠如している取引期間について、推定計算による過払いの算出が必要になります。

 

 

 

弁護士に依頼した場合は、不完全な取引履歴が開示されたりしたときの対応なども熟知していますので、戸惑いや不安を感じるようなことがない、というメリットがあります。

次に、任意の和解交渉では、和解に応じてこない貸金業者があります。

請求額の1割~2割程度の金額でないと和解に応じない業者の場合、必然的に裁判上の手続きに入ることになります。

 

 

弁護士でない一個人が、裁判上の手続きを一人で進めるのは難しく、それを代行してくれる弁護士に大きなメリットを感じる方は多いと思います。

 

 

他にも大阪の弁護士に依頼するメリットはありますが、概ね、煩雑な手続きを代行してくれること、不安や心配をしなくて済むことをあげることができます。

これに対し、大阪の弁護士に過払いの依頼をするデメリットは、弁護士費用がかかることです。

 

 

過払いの弁護士とはいえ、民間で活躍する業者の一つになりますので、当然、サービスに対する対価が発生します。

 

 

その弁護士費用がかかるという点で、デメリットを感じてしまう方がいる一方、「費用倒れ」を心配する方もいます。過払いの弁護士費用の費用倒れとは、回収する過払いの金額よりも弁護士費用が高くなることです。

 

 

このような心配がある場合は、弁護士費用を構成する「着手金」がかからない弁護士を探すのがお勧めです。成功報酬のみの場合、回収額が0円の場合は、1円も弁護士費用がかからないことを意味しています。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ