過払いが発生する理由とは?

消費者金融やクレジットカードなどので発生する「過払い」ですが、「なぜ過払いが発生するのか?」について理解されていないことがあります。

 

この問題が生じる理由は、主に

・貸金業者の違法行為

・2つの法律の罰則規定の相違

が原因となっています。

 

 

貸金業者がお金を貸すときの金利は、「いくら高くても良い」ものではなく、2つの法律により規制されています。

 

その1つ目の法律は、「出資法」になります。出資法は、年29.2%(閏年:年29.28%)を超える金利を課した場合に「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金」という厳しい罰則規定を伴うものになります。この厳しい罰則規定があることで、ほとんどの貸金業者は、『年29.2%』という上限利率を守ってきました。

 

そして、2つ目の法律は「利息制限法」になりますが、この法律には罰則規定がありません。さらに、元本に応じて年率15%~20%が上限利率とされています。

このように、大阪などの貸金業者は、出資法の「年29.2%」と利息制限法の「年15%~20%」という上限利率の双方を順守する必要があり、結果として「利息制限法」に合わせる必要がありました。

 

 

しかし、利息制限法に罰則規定がないことから、貸金業者の多くは、年25%~年29%近くの金利でお金を貸付し、過払いのお金を受け取り続けていました。そのため、利息制限法に違反する利息の返済分については、「過払い」として、本来、返済する必要のないお金であることが分かります。

 

余計に返済させられたお金(過払い)については、大阪などの過払い専門の弁護士に相談し、大阪の貸金業者から取り戻すことができます。

 

 

しかし、貸金業者からお金を取り戻すことができるのは、「過払いの時効が成立していないこと」と「貸金業者が倒産していないこと」が必要になります。

この2つの理由があることから、できるだけ早く弁護士に法律相談し、回収を急いだ方が言われています。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ