利息制限法が分かれば、すべてが分かる?過払い金請求額が生じる仕組みの「ある秘密」

「過払いがなぜ発生するのか?」が分かりにくいですが、消費者金融などが利息制限法の規定に違反していたことが原因です。

利息制限法は、消費者金融やクレジットカード会社に対して、「これ以上の金利では、お金を貸してはいけません」ということを定めた法律です。

 

利息制限法で決められている上限利率は、

(1)元本が10万円未満なら、年20%まで

(2)10万円以上100万円未満なら、年18%まで

(3)元本が100万円以上なら、年15%まで

となります。

 

過去の消費者金融の定めていた貸付金利は、25%~29.2%であることが多くありました。

この利息制限法の規定を超える約定金利は、その超過部分について「無効」であると定められています(利息制限法、第1条)。

 

つまり、大阪の消費者金融などに毎月返済してきた場合、消費者金融の主張する完済の時期と、法律上、完済となっている時期が異なります。

 

そのため、大阪の消費者金融の借金を完済した場合、法律上、完済してから、さらに返済をしてきたことになり、この余計に支払ったお金が「過払い」というお金になります。

利息制限法を超える金利で、過去に借金を完済した場合、必ず過払いが発生していますので、いくら発生しているのかを確認し、消費者金融から返金を受ける必要があります。

 

また、過払いがいくら発生しているのかは、業者から取引履歴(取引明細)を取り寄せ、利息制限法の上限利率で返済した場合との残高の比較をしなくてはなりません。

この計算のことを、過払いの引直計算と言います。

消費者金融などが完全な状態で、過去の取引履歴を開示した場合の引直計算は、比較的簡単にすることができます。

 

しかし、過払いの返還請求をさせないために、あえて不完全な取引履歴を開示してくることもあります。

そのため、過払いを請求するために、大阪の弁護士に相談し、引直計算を依頼することもできます。

 

支払い過ぎたお金を取り戻すには、最後に返済してから10年以内であることが条件となりますので、早めに取り戻すようにしてください。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ