借金返済が困難な方、お金を取り戻したい方必見!任意整理で過払い金請求をする「ある方法」

債務整理の手続きの一つに「任意整理」という手続きがあります。

任意整理は、過払いの返還請求と似ている部分があることで、同じ手続きなのではないか、と考えられている方もいるようです。

まず、過払いは、大阪の貸金業者による制限利息を超える金利での貸付が原因となって生じるものです。

 

利息制限法1条では、制限利息を超える返済があったとしても、その部分につき、その返済が無効であることが規定されています。

つまり、貸金業者の主張する借金の残高よりも、本来の借金の残高は少ないことになり、取引年数が長くなると、借金がゼロになり、さらに支払いを続ける、という状態になります。

 

このように、本来、返済するべき借金の返済が終わり、さらに返済してしまったお金が過払いで、これを取り戻そうというのが、過払いの返還請求になります。

 

これに対して、任意整理は、借金の返済が困難となっている方が、過払いと同じ計算をして、借金の減額を目指す手続きになります。

過払いの返還請求と同じように、貸金業者と交渉により、借金の減額について話し合いがされます。

 

また、任意整理では、借金の減額だけでなく、将来利息のカットや返済方法についても交渉されます。

通常は、大阪の弁護士が交渉し、和解後の返済は、原則、3年かけて行われることになります。

 

たとえば、大阪の方が、サラ金から150万円の借金があり、金利の引直計算をした結果、借金の残高が72万円になったら、毎月2万円ずつ36回払いで減額された借金を返済するのが任意整理です。

 

任意整理と過払いの返還請求は、このように似ている部分がありますが、引直計算後の借金が残るかどうかがポイントとなります。

 

自分の借金が過払いとなっているかどうかは、弁護士による法律相談で見込みを知ることができますので、早めに相談することが必要になります。

取り戻すお金があった場合でも、最後の返済から10年で、その権利は消滅してしまいます。

すぐにでも弁護士に相談するべき問題と考えられます。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ