過払い金請求によるブラックリスト登録後の生活はどうなるのか?ブラックリストが怖くない4つの理由

債務整理や過払いの返還請求の手続きをしていない方の理由に、「ブラックリストが怖い」というイメージがあるそうです。

 

ブラックリストは、CICやJICCなどの信用情報機関にデータが登録されてしまう問題のことですが、登録されるときは、「債務整理」があったことの事実が記録されます。

ここで、ブラックリストに登録されることは、実は、それほど大きな問題とならないことの理由を説明します。

 

まず、ブラックリストが問題にならない理由は、

(1)登録されるのは、5年程度であること

(2)過払いとなっている場合は、登録されないこと

(3)引直計算だけなら登録を回避する方法があること

(4)サラ金から借りられなくても困らないこと

の4つです。

 

過払いの返還請求とともに債務整理をした場合、信用情報機関に登録されるのは、通常、5年程度です。

そして、債務整理の手続きに「任意整理」や「個人再生」を選択した場合、通常、3年~5年程度の期間をかけ、減額された借金を返済することになります。

そのため、減額された借金の返済が終わる頃には、信用情報機関の登録も削除され、デメリットがなくなっていることが予想されます。

 

また、過払いの返還請求をする場合、通常、大阪の弁護士が受任通知を発送した段階で、信用情報への登録がなされます。

 

しかし、引直計算の結果、過払いとなっていることが判明する場合は、信用情報機関に登録された情報は抹消されますので、影響は、ほとんどないといって良いでしょう。

さらに、過払いが生じているかどうか不明な場合は、大阪の弁護士ではなく、本人名義で取引履歴の開示請求をすることで、信用情報機関に登録される危険性を回避することができます。

 

仮に、信用情報機関に登録されてしまったとしても、サラ金から借金ができなくなるだけで、それほど大きな問題が生じるとは考えられないと思われます。

 

過払いは、時効によって消滅してしまうものですので、早めに大阪の弁護士に相談し、取り戻すようにしてください。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ