知らないと大損する!過払い金請求とブラックリストの密接な関係とは?

消費者金融などの金利の高い借金をしている場合、利息制限法に規定される制限利息を超える金利で返済していた方が多くいます。

 

利息制限法による制限利息は、元本の額に応じ、

(1)10万円未満の場合、年20%まで

(2)10万円以上100万円未満の場合年18%まで

(3)100万円以上の場合、年15%まで

と決められています。

 

そして、過去の消費者金融が設定していた金利は、年29%近くであったので、その金利差により、法律上返済するべき借金の残高と、消費者金融の主張する残高が異なるものとなります。

 

また、法律上、返済するべき借金を完済し、さらに、返済を求められ、支払ったお金については、「過払い」になりますので、業者に返還請求をすることができます。

過払いは、時効により返還請求権が消滅していない場合なら、大阪の弁護士に相談し、業者から取り戻すことができるお金になります。

 

ここで、過払いの返還請求をすると、「ブラックリストに登録されてしまうのでは?」と心配される方がいます。

ブラックリストは、CICやJICCなどの信用情報機関によるデータベースへの登録のことを意味し、新規の借入やクレジットカードの契約などに影響を及ぼすものとなります。

 

過払いの返還請求とブラックリストの関係ですが、引直計算により借金の残高がプラスになるか、あるいは、マイナス(過払い)となるのかにより、影響が異なります。

引直計算の結果、過払いとなっている場合は、ブラックリストの登録の心配をする必要はありません。

 

逆に、弁護士や司法書士に依頼し、引直計算をした結果、借金が残る場合は、ブラックリストに登録されてしまいます。

そのため、業者に取引履歴を取り寄せるにあたり、過払いとなるかどうか判断できない場合は、本人名義で取り寄せることで対応されるのが普通です。

 

また、大阪の弁護士に相談するときに、過払いの返還請求におけるデメリットについて確認することもできます。

 

 

 

■過払い金請求でどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急で借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ