アイフル

アイフルの過払いの返還請求は,経営状態が悪いことが理由となり,非常に困難をともなうものとなります。

他の大手消費者金融が金融機関の傘下に入る中,アイフルは,依然として独立した経営を継続していますので,倒産の危険があることが指摘されています。

大阪の過払いの返還請求を急ぐべく理由は,「貸金業者の倒産」と「時効による返還請求権の消滅」の2つがあります。

時効が成立していない過払いであっても,アイフルに対する債権は,任意交渉による和解の成立は難しいかもしれません。

 

 

■どのくらいのお金を取り戻せるのか?

もし,満額に近い内容での回収を目指すなら,アイフルに対して過払いの返還請求訴訟を起こす必要があります。

アイフル側も,利用者からの返還請求に対しては,徹底した応戦が方針となっていますし,事件によっては,控訴して争ってきますので,司法書士ではなく,弁護士への依頼が必要になります。

弁護士と司法書士の違いについて,訴額(請求額)が140万円を超えるかどうか,という点は多くで指摘されています。

 

しかし,弁護士と司法書士の違いに,「司法書士は,控訴審の代理人となることができない」という制約があり,アイフルに対する過払いの返還請求の場合は,最初から弁護士に依頼した方が安心です。

 

また,大阪の裁判所の手続きによらず,あくまでも任意の和解交渉で回収を目指す場合は,過払いの発生額の半分弱程度が1つの目安になると思われます。

 

 

■時間はどのくらいかかるのか?

さらに,アイフルの場合は,取引履歴の開示請求に応じるまでの期間が,他の業者と比較して長くなる傾向にあります。

 

取引期間の開示請求にかかる時間が長い場合,その分だけ,返金されるまでの時間がかかってしまうことを意味しています。

そのため,過払いの返還請求を考えるなら,できるだけ早く弁護士に相談し,依頼してしまうことが必要になります。

大阪の弁護士への相談は,無料で用意されている法律事務所も多くありますので,それを利用して,アイフルの最新情報についても確認するようにしてください。

 

 

 

■過払い金請求でアイフルからどのくらいお金が返ってくるか調べたい!

「弁護士や司法書士への相談はちょっと不安・・・」

相談すると過払い請求(債務整理)を依頼しないといけなくなることはありません。

でも、いきなり弁護士や司法書士に相談をするのは不安というあなたは、無料の債務整理のシュミレーションを使ってみてください。

 

これは、たった3つの質問に答えるだけで、何円のお金が取り戻せるかを自動計算してくれるものです。

まずは、クリックしてみてください!

 

 

■過払い金請求の申し込みはせずに、まず不安や悩みを弁護士に相談したい!

相談していきなり申込みや着手にはならないのでご安心ください!

アイフルの借金やローンの不安・悩みを借金問題の専門家(弁護士や司法書士など)に無料で相談できます!

今すぐクリックして相談してください!

 

 

■緊急でアイフルの借金を何とかしたい方

今すぐ!緊急で借金を何とかしたい方こちらのページをご覧ください!

弁護士がすぐに対応いたします!

ページの先頭へ